1. HOME
  2. >  
  3. 製品一覧
  4. >  
  5. フォトダイオードアンプ LTA-10

フォトダイオードアンプ  LTA-10

フォトダイオードを使用した検査、評価に最適なトランスインピーダンスアンプです。
I-Vアンプ、各種センサ用アンプとしても使用する事ができます。

フォトダイオードアンプ LTA-10
製品概要

・フォトダイオードや光電子増倍管(PMT)、その他の電流源デバイスから出力される電流を増幅することが出来る、低ノイズ、高ゲインのトランスインピーダンスアンプです。 ・フォトダイオード用のアンプを目的に設計されていますが、I-Vアンプとして様々な目的に使用可能 ・I-V変換部で入力に接続される被測定物に対し、最大50uAまでの電流を設定できるので、抵抗値が変化する各種センサ用アンプとしても使用可能 ・フォトディテクタの応答速度を高めるためのバイアス電圧を印加可能 ・可変型簡易ローパスフィルター搭載 ・自動オフセット調整機能 ・単一4.5V電源から動作可能 ・コンパクトなサイズで設置場所を選びません。(W140 × H40 × D100  ゴム足含まず)

主な特徴

・低雑音設計 ・103~107の5段階の変換レンジ ∗ 103レンジでは、±5mAまで入力可能です。(出力 ±5V) ・±10Vのバイアス電圧設定 ∗ コモンアノード、コモンカソードのどちらでもバイアスを設定できます。 ・最大 ±50uAのオフセット電流設定 ∗ デジタル方式にて、25nAステップで設定できます。設定値は電源OFFでも保持しています。

便利な装備・機能

・バイアス電圧の確認や出力信号の観測に便利な測定端子を装備 ・直流~10数kHz範囲の信号観測に便利な可変型簡易ローパスフィルターを搭載 ・フォトダイオードの暗電流や直流成分の除去用に便利な自動オフセット機能を搭載 ∗ 出力レベルが0Vになるように、オフセット電流を自動調整します。 ∗ 変換ゲインによっては完全な0Vにはなりませんので、0V近傍への自動調整としてご利用下さい。

フォトダイオードアンプ LTA-10 フロントパネル
仕様
変換ゲイン 103,   104,   105,   106,   107[V / A]
直線性誤差・変換誤差 0.1% 以下
入力換算雑音電流 5pA / √Hz
周波数特性(-3dB) 1MHz 103レンジ、LPFスルー
600kHz 104レンジ、LPFスルー
250kHz 105レンジ、LPFスルー
50kHz 106レンジ、LPFスルー
20kHz 107レンジ、LPFスルー
バイアス電圧可変範囲 ±10V アナログ可変   ボリューム操作による
オフセット電流可変範囲 ∗1 デジタル可変   25nAステップ
UP、DOWNのスイッチ操作による
±50uA 103レンジ
±50uA 104レンジ
±25uA 105レンジ
±2.5uA 106レンジ
±250nA 107レンジ
ローパスフィルター
カットオフ周波数
≒15kHz  ~  スルー
定格最大出力 ±5V 負荷 100Ω以上
最大出力電圧 ±10V 負荷 10kΩ以上
定格最大入力 ±5mA 103レンジ、負荷 100Ω以上
最大入力電流 ±10mA 103レンジ、負荷 10kΩ以上
出力インピーダンス 50Ω 短絡保護用
電源電圧 DC 4.5V ~ 9V ∗2
消費電流 0.3A 無入力・無負荷
動作温度 10 ℃ ~ 35 ℃ 結露なきこと
保存温度 -20 ℃ ~ 60 ℃ 結露なきこと
本体サイズ W140 × H40 × D100 ゴム足含まず
重量 380g 以下

∗1   値は目安です。入力する信号に合せて調整して下さい。 ∗2   付属のACアダプターまたは、十分な電流供給能力があり、低ノイズの電源をご使用下さい。

付属品

・ACアダプター ・取扱説明書

注意事項

・本製品は受注生産品です。納期はお問い合わせください。 ・製品の仕様、外観は改良のため変更する場合があります。

サポート & ダウンロード
お問い合わせ

本製品は当社で製造し、アドフォクス株式会社様にて販売を行っております。
見積りのご依頼、ご購入の際はアドフォクス株式会社様までお問い合わせください。
アドフォクス株式会社様 お問い合わせページへ